スーホーの白い馬の話

スーホーの白い馬の話

モンゴルの草原にくらす、少年・スーホーは、ある日、生まれたばかりの白い子馬を見つけ、ツァスと名づけて育てます。白い小馬はスーホーと兄弟のようになかよくくらし、美しい白馬に育ちます。
ある時、モンゴルの王様がけい馬をかいさいし、ツァスとスーホーはみごと一等になります。王様はツァスのすばらしさに目をうばわれ、ツァスをむりやりスーホーからうばい取ってしまいます。ツァスはスーホーに会いたくてたまらず、王様をふりおとし、スーホーの元へとにげ出しますが…。
馬頭琴(ばとうきん)というがっきにまつわるモンゴルのみん話です。

ffelicamonz

Japan Mongolian select 100 sites

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする