MIATモンゴル航空

MIATモンゴル航空

MIAT(ミアット)モンゴル航空はその名の通り、モンゴル国のフラッグ・キャリア(当該国を代表する航空会社)である。以前は日本航空のように国営化の航空会社であったが、1993年に民営化された。日本への就航は1996年で大阪(関西)-ウランバートル線が最初に就航し、2002年に東京(成田)-ウランバートル線が就航した。1956年創業で最初はロシアのフラッグ・キャリアである、アエロフロートロシア航空の支援を受けてのスタートであった。日本-ウランバートル線はビジネスクラスとエコノミークラスの2つでビジネスクラスは通称「ブルースカイクラス」と呼ばれている。日本路線の就航の拡大で、日本語を話せるスタッフを乗務させるなど、ミアットモンゴル航空のポリシーでもある、「真心を込めたサービスで皆様のお世話を」の精神でサービスを提供している。マイレージプログラムも設けており、成田空港では「ブルースカイクラス」搭乗者には成田空港のANA(全日空)が所有する「ANAラウンジ」が利用出来る。

ffelicamonz

Japan Mongolian 日本とモンゴル国際交流

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする