モンゴル相撲

モンゴルでは、少なくとも数世紀に渡って祝われてきた遊牧民の祭典であるナーダム祭の時期となり、モンゴルの力士、調馬師、騎手、そして弓射の選手にとって重要な時期となりました。ナーダム祭の伝統は、13世紀初頭にチンギス・ハーン(ジンギス・カーン)が猛威を振るった頃からおそらく数千年前に端を発する、実に古くから伝わるものです。ナーダム祭は、古代ギリシャの当初のオリンピックと同じと考えることができます。

夏季には、地方のナーダム祭がモンゴル国内の至るところで開催されます。中でも最大のものが、ウランバートルで毎年7月に開催される国家ナーダム祭です。国家ナーダム祭でのみ、優秀な参加者に対して国家的な相撲の称号の数々が与えられます。ナーダム祭の全競技の中で、最もわかりやすいのは弓射です。また、開かれた大草原の中を数キロに渡って、馬たちがどのように競馬を行うのかも簡単に理解することができます。

ffelicamonz

Japan Mongolian select 100 sites

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする