モンゴル伝統的な服

服~

モンゴルの民族衣装といえば「デール」。デールは遊牧民が普段から着ているもので、立衿で右肩と右脇についたボタンを留めて腰に帯を巻いく形の長衣です。下はズボンとブーツをはくのが一般的です。一口にデールとはいっても中に綿を合わせたものや、毛皮を合わせたもの、薄い生地で作られたものなど色んな種類があり、モンゴル遊牧民の人々は1年中デールを着ています。このデールには日本の着物と同じようにふところがあり、たくさんのものが入ります。そのため、出かける際などはかばんを持たずふところに収めます。移動の多い民族ならではの特徴と言えるでしょう。またデールは様々な色がありますが、ピンクは老人の色、黄・赤は僧侶の色と決まっています。

ffelicamonz

Japan Mongolian select 100 sites

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする